Entries

スポンサーサイト

EAMES アームシェル 3rdタイプ 白メダル

20年程前にLAのビバリー通りで買ったアームシェル3nd。懐かしく引っ張り出してみた。当時はネットショップやオークションもそれほど一般には普及しておらず、ビンテージ家具を買うにも、スワップミートで探すか、もしくは家具屋で買うかくらいしか思いつかなかった。家具屋の多いビバリー通りは、日本でいうと目黒通りといったところか。「CERLA」という店で$180だった。一度も座らず保管してたので、値札がついたままだ。なぜだか...

Eamesワイヤーメッシュチェア2ndモデル

イームズのシェルなど所有数が多くなると、置き場に困ったりするものです。脚を外してスタッキングしたりしますが、ショックマウントの跡がついたり、ナウガレザーなどの上に重ねようものなら、傷付けて穴をあけてしまうことも…。ワイヤーメッシュチェアに限っては、その華奢なつくりから重ねて置くのも怖いので、壁面にピクチャーレールを利用して飾ってみるのもいいもんです。上からの照明の光により形作られるシルエットワイヤ...

EAMESラウンジチェア670ショックマウント修復 その2

先日の続き。いまラウンジにくっ付いているマウントはボロボロなので新しいものが必要になります。海外でリペアキットが売っているのは知っているが、お財布と相談の結果、自作することに。かっこよく言うとセルフビルド!ダサく言うとDIY!ってな訳でホームセンターに材料を買いに行き、以下のモノを購入。ゴム板を削り出して、オニメナットを打込めばいいでしょう。と単純な考えで見切り発車してみる。ボルト間のピッチだけ気をつ...

EAMESラウンジチェア670ショックマウント修復 その1

ビンテージのラウンゲチェアには決まって起こる、悲しい事態。そう、アームレスト部分と座面を繋ぐショックマウントの剥離。重い背もたれ部を二つのゴム部品で支えるという、構造上どうしても起きるこの問題。大体30年も経てば、経年劣化は避けられず、ゴム自体の柔軟性は失われます。チャールズさん、力学的にちょっと無理あるんでない。60年間、オリジナルのデザインを優先し、この場所を使用変更しないハーマンミラーもスゴいが...

EAMESサイドシェルのマウント位置の話

皆同じように見えるイームズのサイドシェルですが年代によってディテールが異なります。今回は写真のスタッキングシェルを見ながら説明します。まずサイドシェルには •1953年~55年頃までの1stモデル  グラスファイバー多い、ハーマンミラーのエンボスなし、エッジの反り浅い  •1955年~70年代頃までの2ndモデル  グラスファイバー多い、ハーマンミラーのエンボス大文字、エッジの反り深い •1970年代~90...

Appendix

myカウンター

スポンサードリンク

プロフィール

中野のヒロさん

Author:中野のヒロさん
カフェオーナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、インテリアコーディネーター、家具ブローカー、ライフスタイルアドバイザー等、何でもござれのアイデアマン。あらゆるご相談にご要望に適当にお応えします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。