Entries

スポンサーサイト

渡辺力とハーマンミラー

戦後プロダクトデザインを牽引してきた渡辺力さんが今年明けた8日に逝去されました。逝去101歳でした。謹んでご冥福をお祈りします。写真は渡辺力と関わりが深かったハーマンミラーのシェルチェアと故人の代表作でもあるRIKIスツール。(ヒロさんカスタム)渡辺力は2003年にこんな本も出しています。1970年代、アメリカ・デザイン界の「生の息吹」を日本に伝えた、雑誌『室内』の伝説の連載・「ハーマン・ミラー物語」。中西部の...

イームズ展 essential EAMES展に行ってみた。

新宿のリビングデザインセンターOZONEで催されている「essential EAMES(エッセンシャル・イームズ)展」に行ってみた。本展示はイームズ・デミトリオス(イームズの孫)が綴った書籍をベースに15のテーマで構成し、パネルと資料、実物作品を展示、その他映像を通して、イームズのデザイン哲学や精神を分かりやすく紹介している。このようなEAMESの展示は久々だったので、どんなビンテージが見れるのかと期待に胸を膨らませ、OZON...

ビンテージサムソナイトSamsonite 60's~70'sの続き

前回のサムソナイトの続きで、中身のほうをアップします。開けると大体このような仕切りが一枚あり、全体に光沢ある布地が貼ってある。このロゴは70年代以降、ACE取扱いの国内流通のものだ。こちらは一回りサイズが大きく、ハンガーレールが付いている。タグ紛失だが、上と同じDEBONAIRのサイズ違い。こちらはポーチ状の小物入れが付いていて便利そう。ドットの生地もかわいい。上のロゴと比べるとわかるが、こちらが旧ロゴ。ほぼ...

ビンテージサムソナイトSamsonite 60's~70's

旅行用のトランク、スーツケースといったら何を思い浮かべますか?リモワやゼロハリを思いつく人も多いでしょうが、私は何と言ってもSamsoniteサムソナイトを思い浮かべます。しかもこの年代のカタチを。旅行が一部の裕福層から一般大衆化する50〜60年代、サムソナイトはいち早く、軽量かつ丈夫な押出し成形のマグネシウムによるケースを販売します。その後、徹底的な商品リサーチを行って製造、販売、全国的な宣伝広告というプロ...

Erik Hoglund エリック・ホグラン 女性 灰皿

7月のあたまですが、今日は30℃を超える暑さです。梅雨はまだ明けてないんだっけかなぁ。写真はホグランの灰皿、裸の女性がデザインされています。涼しげなブルーが、強い日差しに照らされて鮮やかです。なんだか、パンツ一丁でそうめんでもすすりたい気分です。もちろん薬味はミョウガで。こちらにも参加しています→ ヴィンテージ雑貨ランキングこの記事を読んでいただいた印で、ポチッとしていってください。...

Appendix

myカウンター

スポンサードリンク

プロフィール

中野のヒロさん

Author:中野のヒロさん
カフェオーナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、インテリアコーディネーター、家具ブローカー、ライフスタイルアドバイザー等、何でもござれのアイデアマン。あらゆるご相談にご要望に適当にお応えします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。