Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://vinvinvintage.blog102.fc2.com/tb.php/9-133a1c9d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

LEVI'S 501 bigE

ビンテージといったら外せないのが、LEVI'Sなどのビンテージデニムでしょう。
これは半世紀程前のリーバイス501です。
あまり細かい話すると、皆さん引いてしまうと思いますので、
分かりやすい基本ディテールを紹介します。

501type1

デニムは状態(色残り、ダメージ)にもよりますが、基本古いもの程価値があります。
ディテールを追いながら、製造年を特定したいと思います。

501type4

まず見るのはセルビッチ。アウトシームに使われてる耳のこと。赤ミミと呼ばれています。
これがあることにより1986年以前ということになります。

501type2

つぎは赤タブをチェック!「LEVI'S」の文字が「Levi's」でないので、ビッグEですね。
はい、これで1969年以前までいきまーす。

501type3

ここからが重要!
トップボタン横のステッチがVの形、全体にバナナイエローの綿糸を使っているので、
bigEの中でもかなり古い様子。
内側バックポケット部分に隠しリベットはないけど、リベット廃止が64~67年だから、えーと、
トップボタン裏の刻印ナシ、センターループずれナシ、コインポケットの耳ナシであし長Rときて、
あーわかんなくなってきたー!

結局のはなし、紙ラベルが欠損してますので、プロでも判定不能!
最初期のbigEかA,S,Fなどのタイプモノとみるのが妥当だが、最終期の501XXの可能性も否定できない。

ビンテージデニムは奥が深いので、ここでは100分の1も語れません。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://vinvinvintage.blog102.fc2.com/tb.php/9-133a1c9d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

myカウンター

スポンサードリンク

プロフィール

中野のヒロさん

Author:中野のヒロさん
カフェオーナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、インテリアコーディネーター、家具ブローカー、ライフスタイルアドバイザー等、何でもござれのアイデアマン。あらゆるご相談にご要望に適当にお応えします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。