Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://vinvinvintage.blog102.fc2.com/tb.php/75-2d5b7c7d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

EAMES ドラフティングチェアのカウンター

イームズのドラフティングチェアってレアですよね。
こんなシートハイがあるイスは、あまり使うシーンがイメージできません。
もともと製図用ですから当たり前ですが、生産台数は少ないでしょうね。

でも、決めていたんです。
お店のカウンターチェアは、このドラフティングチェアにすると。

カウンター1

このドラフティングチェアに合わせてカウンターの高さを決めました、
座り心地を考えて、シートはナウガレザーのカバーのもので統一、
以来、10年間に渡り使い続けてきましたが、いつしか痛んで、
カバーが浮いてきたり、マウントごと座面が取れたりもしました。
大変貴重なイスですが、カウンターに座る人たちは、そんなの知る由もなく
容赦なくお尻をグリグリやってきます。しかもファット率高し!
おかげで二つほど座面は破壊されたものの、何とか今の姿をとどめております。

これを読んで、カウンターの方々は是非、イスの支柱を尻の中心に感じながら、
前のめり、横のめりせず、まっすぐ姿勢を正して座ってほしいですね。
なんせ20世紀を代表するデザイン、
レアなドラフティングチェアに座っているのですから。

カウンター2

ただ、このイスにも難点があります。
本来こんなふうに並べることはないと思います、
脚が広いので、近いと脚同士が当たってジャマです。

でもこの風景、気に入ってます。
4脚も揃えるのは大変なんですよ〜。
違うタイプのドラフティングベースも過去の記事で紹介してます。
誰もそのことに触れてくれませんが、
いいんです、自己満足っ!


こちらにも参加しています→ ヴィンテージ雑貨ランキング

この記事を読んでいただいた印で、ポチッとしていってください。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://vinvinvintage.blog102.fc2.com/tb.php/75-2d5b7c7d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

myカウンター

スポンサードリンク

プロフィール

中野のヒロさん

Author:中野のヒロさん
カフェオーナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、インテリアコーディネーター、家具ブローカー、ライフスタイルアドバイザー等、何でもござれのアイデアマン。あらゆるご相談にご要望に適当にお応えします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。