Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://vinvinvintage.blog102.fc2.com/tb.php/61-0dab0027

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Eamesワイヤーメッシュチェア2ndモデル

イームズのシェルなど所有数が多くなると、置き場に困ったりするものです。
脚を外してスタッキングしたりしますが、ショックマウントの跡がついたり、
ナウガレザーなどの上に重ねようものなら、傷付けて穴をあけてしまうことも…。
ワイヤーメッシュチェアに限っては、その華奢なつくりから重ねて置くのも怖いので、
壁面にピクチャーレールを利用して飾ってみるのもいいもんです。

ワイヤーチェア1

上からの照明の光により形作られるシルエット
ワイヤーチェアならではで、とても面白い。
イームズチェアの中でも一番フォトジェニックな気がします。

さて、このシルエットを見て、お気付きの方もいると思います。

このワイヤーチェアは50年代後半から67年までに製造された「セカンド」タイプになります。
分かりやすい特徴としては、ベースの受けが凸のカタチになっているところです。
ファーストだと受けが正方形です。
他にもベースの取付けボルトの違いなどもありますが、
ここを押さえておけば、大体の製造年代が分かります。

・ワイヤーチェア1st 1951年~50年代後半 受けのカタチ ロ
・ワイヤーチェア2nd 50年代後半~1967年 受けのカタチ 凸

ワイヤーチェア2

もともと大量生産に伴い、サイドシェルに先駆けて販売されたワイヤーチェア。
当時はプラスチックが高額だったので、低コスト化を計る意味で生産されました。
今ではシェルチェアほど現存数が少ないため、高額で売買されていますが、
当時の販売価格はシェルチェアよりも安かったようです。

現在、HermanMillerより生産再開しております。
正規代理店hhstyle等でご確認ください。確認したら値段にびっくり!

でもHermanMiller以外のリプロダクト購入はおすすめしません。
中には想像だけで作ったのか?と思う程の笑える物もありますので…。


こちらにも参加しています→ ヴィンテージ雑貨ランキング

この記事を読んでいただいた印で、ポチッとしていってください。






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://vinvinvintage.blog102.fc2.com/tb.php/61-0dab0027

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

myカウンター

スポンサードリンク

プロフィール

中野のヒロさん

Author:中野のヒロさん
カフェオーナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、インテリアコーディネーター、家具ブローカー、ライフスタイルアドバイザー等、何でもござれのアイデアマン。あらゆるご相談にご要望に適当にお応えします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。