Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://vinvinvintage.blog102.fc2.com/tb.php/57-224cdddb

トラックバック

コメント

[C10]

一番の課題は..
接着剤が問題ですね。
  • 2012-03-15 11:01
  • ヒゲカエル
  • URL
  • 編集

[C11]

確かにです。よく2液式のエポキシボンドでシェル系のマウントをくっ付けてるショップなどありますが、あれは取れますよね?ラウンジの場合、力のかかる方向が違うのでさらに危険。工業用のボンドは素人では少量の入手は難しいですから、今回はアロンアルファno.5というのが市販品では一番強いと思われますので、それでいこうかと…。イーベイでリペアパーツとボンド出てますがどうなんでしょう?マウントは既に自作しましたが。いい方法ありましたらアドバイス頂きたいです。
  • 2012-03-15 13:05
  • ヒロ
  • URL
  • 編集

[C12]

e bayに出てる2液式の接着剤はLCW で使いましたが弱かったです。
もしも、私だったらセメダイン スーパーx2を使います。
何故ならアロンアルファー系は瞬間的な接着で貼付けてからの微妙な修正ができませんから。。

今のところは、セメダイン スーパーx2で修理したLCWは大丈夫ですよ(^_^)

マウントを自己製作したのですか?凄いですね(^_^)

  • 2012-03-15 16:47
  • ヒゲカエル
  • URL
  • 編集

[C13]

セメダインスーパーX2というのは何かバージョンUPしたのでしょうか?セメダインスーパーXは試した事あります。作業のしやすさと縦圧迫への柔軟性は良いですね。色も黒あるんで。でも以前これで取れてしまったんですよ。今回のブログ写真に写ってますが、マウントのゴム板の貼り合わせには使いました。
  • 2012-03-15 17:14
  • ヒロ
  • URL
  • 編集

[C15]

そうですか.....色々と試してみたのですね。
勉強になります。
やはり、難問は接着ですね。
アロンアルファno.5作戦の成功を祈ります(^_^)
  • 2012-03-15 17:55
  • ヒゲカエル
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

EAMESラウンジチェア670ショックマウント修復 その1

ビンテージのラウンゲチェアには決まって起こる、悲しい事態。
そう、アームレスト部分と座面を繋ぐショックマウントの剥離。

ラウンジシェル部1

重い背もたれ部を二つのゴム部品で支えるという、構造上どうしても起きるこの問題。
大体30年も経てば、経年劣化は避けられず、ゴム自体の柔軟性は失われます。
ラウンジのココ
チャールズさん、力学的にちょっと無理あるんでない。
60年間、オリジナルのデザインを優先し、この場所を使用変更しないハーマンミラーもスゴいが…。


ラウンジシェル部2

そんな訳で問題の場所をUPするとこんな状況。トホホ。
ビンテージラウンジともなると、ショックは、まぁウンと大きい!ショックマウントだけに。
以前、自身で修復したんですが、いいかげんにやったため、再度マウント崩壊!
販売元のハーマンミラーに連絡すると、シェルごと新品に取っ替えますとか言います。
また恐ろしい見積額を提示されることも想像に容易い。
ああ、何てこったい。こちとらビンテージのローズウッドだっつーの。
サントスパリサンダーなるローズウッドの一種もあるが、ビンテージとは全然違うだろうなぁ。
そこらの家具修理をやってるとこに相談すると、決まってシェルにボルト貫通させる提案をしてきます。
たぶんまた取れるから、保証とかの問題でオリジナルのまま修復はイヤがるのも仕方ないか。

という事でやっぱり自分で修復することにするか。
まずはシェルからきれいにショックマウントを剥離することが問題。
さあ、どうする?


こちらにも参加しています→ ヴィンテージ雑貨ランキング

この記事を読んでいただいた印で、ポチッとしていってください。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://vinvinvintage.blog102.fc2.com/tb.php/57-224cdddb

トラックバック

コメント

[C10]

一番の課題は..
接着剤が問題ですね。
  • 2012-03-15 11:01
  • ヒゲカエル
  • URL
  • 編集

[C11]

確かにです。よく2液式のエポキシボンドでシェル系のマウントをくっ付けてるショップなどありますが、あれは取れますよね?ラウンジの場合、力のかかる方向が違うのでさらに危険。工業用のボンドは素人では少量の入手は難しいですから、今回はアロンアルファno.5というのが市販品では一番強いと思われますので、それでいこうかと…。イーベイでリペアパーツとボンド出てますがどうなんでしょう?マウントは既に自作しましたが。いい方法ありましたらアドバイス頂きたいです。
  • 2012-03-15 13:05
  • ヒロ
  • URL
  • 編集

[C12]

e bayに出てる2液式の接着剤はLCW で使いましたが弱かったです。
もしも、私だったらセメダイン スーパーx2を使います。
何故ならアロンアルファー系は瞬間的な接着で貼付けてからの微妙な修正ができませんから。。

今のところは、セメダイン スーパーx2で修理したLCWは大丈夫ですよ(^_^)

マウントを自己製作したのですか?凄いですね(^_^)

  • 2012-03-15 16:47
  • ヒゲカエル
  • URL
  • 編集

[C13]

セメダインスーパーX2というのは何かバージョンUPしたのでしょうか?セメダインスーパーXは試した事あります。作業のしやすさと縦圧迫への柔軟性は良いですね。色も黒あるんで。でも以前これで取れてしまったんですよ。今回のブログ写真に写ってますが、マウントのゴム板の貼り合わせには使いました。
  • 2012-03-15 17:14
  • ヒロ
  • URL
  • 編集

[C15]

そうですか.....色々と試してみたのですね。
勉強になります。
やはり、難問は接着ですね。
アロンアルファno.5作戦の成功を祈ります(^_^)
  • 2012-03-15 17:55
  • ヒゲカエル
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

myカウンター

スポンサードリンク

プロフィール

中野のヒロさん

Author:中野のヒロさん
カフェオーナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、インテリアコーディネーター、家具ブローカー、ライフスタイルアドバイザー等、何でもござれのアイデアマン。あらゆるご相談にご要望に適当にお応えします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。