Entries

スポンサーサイト

事実!MADE IN JAPANのイームズチェアはあります。

皆さん、当ブログでも何度となく紹介してきたイームズをはじめとしたHerman Miller社。本社工場はミシガン州ジーランドなので、イームズの椅子はすべてアメリカ製と思いきや、60~80年代まで日本で作られていたんです!資料によると、静岡に工場があったようです。1964年に伊勢丹の子会社としてスタートしたモダンファニチャーセールスという会社がハーマンミラー製品の輸入、生産、販売を一手におこなっていました。のちにハーマ...

FIRE KING 3コンパートメントディッシュ ジェダイ

FIRE KINGの3コンパートメントディッシュです。店ではランチプレートに使ってます。意外とないですよね。仕切りのある皿って。仕切りがあるだけで、ここには何を盛りつけようかなぁなんて、気分が良くなりません?我が家は年間通してゲストが多いので、いつかはコレでパーティーと思い、何枚か揃えているのですが、今のとこ出番なし。トホホ。50年代のものとは思えない輝き、時代を感じさせないデザインがいいです。FIREKINGのレス...

カリモクのKチェアを修復 続編

さてさて、前回に引き続きKチェアの修復です。修復といっても大したことではありません。座面を交換するだけです。手順としては、まずサイドの脚部分のボルト4本をクルクル。背面と座面を止めてあるナットをゆるめて、ガッ、何、付属のスパナがサイズ違うじゃん。カリモクさん、気が利いてるんだか、ないんだか。気を取り直して、モンキーレンチでナットを外して、座面は取れました。新しい座面に交換したら、先程の逆の行程で…。...

カリモクのKチェアを修復

長年使っていて、座面がボロボロになったカリモク家具の「Kチェア」。これまで毎日、毎日、何千、何万のヒップを乗せてまいりました。ほんとお疲れさまです。先々月からメーカーに頼んでいた座面が届いたので、これから修復します。ツルツル、ピカピカの座面、テンション上がるわ。カリモク60だなんて、オシャレになったもんだ。歳とったうちの子に合うのだろうか?次回につづくトップ10入り返り咲きなるかっ!?わたしのランキン...

Eames Lounge Chair and Ottoman(イームズラウンジチェア)

20世紀を代表する不朽の名作として知られるラウンジチェア。映画監督のビリー・ワイルダーのために、1956年にチャールズ&レイ・イームズがデザインしたといわれています。ご覧のとおり、チェアとオットマンを別々に買ったため色が異なります。製造年代も異なります。私の中では1980年代まで、正確には1991年以前のものをビンテージのラウンジチェアと考えています。なぜかというと、写真のように古いシェルはローズウッドベニアで...

Pillsburyのドゥボーイ(Doughboy)

アメリカのパンや菓子生地の製粉メーカーであるピルスベリー社。そこのキャラクターを勤めますドゥボーイ君。ドゥとは生地のこと。彼はパン生地でできている設定。後ろ姿もカワイイ。短足のあかちゃん体型。ビンテージもののドゥボーイは目が水色。帽子の刻印から1971年製のようです。41歳、今年は厄年です。怖っ。初詣に行って確認、本厄は数え年で男性25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳です。ドゥか災難に会いませんよう...

2012年仕事初め

少々遅めの挨拶となりますが。新年、明けましておめでとうございます。本日が仕事初めとなります。今年もびんびんくるビンテージをどんどん紹介したいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。何でこの写真?と思うでしょうが、とくに意味なしです。今週あたり、このラウンジチェアをアップ予定。しばらく更新してなかったら、ランキングが激下がり!わたしのランキングが気になる方はコチラ。...

Appendix

myカウンター

スポンサードリンク

プロフィール

中野のヒロさん

Author:中野のヒロさん
カフェオーナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、インテリアコーディネーター、家具ブローカー、ライフスタイルアドバイザー等、何でもござれのアイデアマン。あらゆるご相談にご要望に適当にお応えします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。