Entries

スポンサーサイト

Eames Contract Table イームズ・コントラクトテーブル

はい、今回はラウンジテーブルを紹介。イームズ作、コントラクトテーブルのロータイプです。こちらもHerman Miller社製、70~80年代あたりでしょうか?シンプルisベスト!質実剛健!そんな言葉が相応しいテーブルです。30年以上、まったく同じデザインで売られ続けています。変更する余地がないんです。メラミン天板にアルミニウムの脚、かっこいいです。コレに関しては説明いらないですね。ウラのハーマンミラーステッカー。なん...

Eames side shell chair with school base イームズ・スクールベース

何かと便利に使える椅子の紹介です。ハーマンミラーのサイドシェルチェアスクールベースです。このようにテーブルがはね上がります。小さなデスクがあると、便利で汎用性が高いです。ちょっとお茶を置いて読書したり、もちろん書き物もできます。青いナウガレザーの座面のクッション性も程よい感じ。スタッキングできるベースで、横にもつなげて並べることも可能。1973年のHerman Miller社製ということが確認できます。マウントは...

AIRLINE PLASTIC TRAY 機内食 トレー

70年代のエアラインものです。当時の機内食で使われていたトレーを集めてみました。手前からPamAm(パンナム)、右Olympic(オリンピック)、左奥DELTA(デルタ)実際にお菓子やフルーツなどを乗せてもいいですし、小物入れにもいいです。なんてことないですが使えます。裏返すと各航空会社のロゴが刻印されてて、心躍ります。エアラインもののデザインは、その特性上いっさいの無駄がありません。そのミニマルさがいいんですね。...

LEVI'S 517XX 2nd Jacket リーバイス セカンド

リーバイスのデニムジャケット、通称「セカンド」。って前回も紹介したんですけど…。いえいえ、よーく見て下さいね。パッチのlotナンバーを。517XXとあります。前回のは507XXですから違いますね。これは、もともとインナーにブランケットライナーが付いたタイプなんです。507XXの冬用として登場したわけですが、温暖な西海岸ではライナーは必要ないと、当時の人たちは剥いでしまったんですね。お国柄でしょうか、大胆。意外とよく...

LEVI'S 507XX 2nd Jacket リーバイス セカンド

リーバイスのデニムジャケット、通称「セカンド」。1952年に発売、62年までの10年間だけ生産されました。エルビス・プレスリーが1957年の映画「さまよう青春」で着用しているのは有名なはなしです。LEVISの文字を組換えるとELVISになる、このアナグラムに気付けると、うんちく王。特徴は前身頃のアクションプリーツと左右の大きな胸ポケット。1stであったシンチバックは廃止され、ウエストはアジャスターボタンになりました。赤タ...

side chair by 柳宗理 ポリエステルチェアー

柳宗理が1969年にデザインした椅子、「ポリエステルチェアー」の紹介です。柳宗理の椅子といえば、バタフライスツールが有名ですが、こちらの椅子も負けず劣らずの名作です。樹脂製シェルと金属製ベースとをショックマウントを介して固定する方法、エッフェル状の脚など、イームズの影響を感じずにはいられません。実際、イームズ夫妻とも親交があったと聞きますから、そのデザインもうなずけます。裏です。コトブキ社のステッカー...

BIG BOY 80's Boby ビッグボーイ 貯金箱

コンバンワ。前回にひきつづき、再登場のボビーです。80年代の僕はすこし太りました。リーゼントは健在です。この年代だけでもボビーは3種類はいます。特徴としては、コイン取出し口の赤いキャップが付いたこと。70年代は首をもぐタイプでした。ともあれ、うなじが気になります。まだまだアクセスが少ないので、応援宜しくお願いします!...

Fire King Azurite Charm アズライト チャーム

ファイヤーキングのアズライト、チャームのカップ&ソーサーです。1950~1956年製造。チャームシリーズはとても繊細な作りで、さわやかな印象。おしゃれにお客様をもてなす時に最適なテーブルウェアですね。チャームは裏に刻印があるものはわずか、これも刻印がないので、今回は裏返しません。あしからず。...

Mid-Century Modern ミッドセンチュリーモダン 本

洋書「Mid-Century Modern」です。ジョージネルソンやイームズをはじめ、ミッドセンチュリーを代表するモダンファニチャーを数多くを紹介しています。表紙のデザインもいいですね。この本を買ったのはもう15年は前のことですが、今でも何かインテリアのヒントがほしいとき、パラパラとめくります。当時の家具がどのような使われ方をしていたのか、実に参考になる一冊です。まだまだアクセスが少ないので、応援宜しくお願いします!...

EAMES drafting chair イームズ ドラフティングチェア

イームズのドラフティングチェアです。ドラフティングとは製図のこと。昔は大きなドラフターテーブルと、こんなイスをを使って建築図面を引いていたんですね。今は使わないだろうなぁ。今ならカウンター椅子とかに使えるか、いや、アームが邪魔かぁ。空港のイミグレーションとかで最近のものは見かけるけど。銭湯の番台とかにあったらカッコイイね、きっと。シェル部分はハーマンミラー社1968年製、ベースの脚はさらに古そうです。...

TOWER OF THE SUN by Taro Okamoto 岡本太郎 太陽の塔

岡本太郎作「太陽の塔」です。1970年の大阪国際万国博覧会(大阪万博)当時の貴重なメタルダイキャストオブジェです。台座はプラスチック製ですが、本体は金属製でズシリと重いです。台座向って左側にEXPO70のマークがあるものと、ないものが確認されています。こちらはないもの。こっちのほうがレア。当時、万博会場などでスーベニアとして沢山販売されていました。...

FIRE KING Kimberley mug Amber キンバリーマグ アンバー

ファイヤーキングのキンバリーマグです。1960年代~1976年に製造。キンバリーとは、南アフリカにあるダイヤモンド鉱山のこと。確かに表面に施されたデザインは鉱山のイメージそのものです。手にした感触も気持ちいいですね。お決まりの裏返し。ANCHOR HOCKING イカリマーク Fire King OVEN PROOF 18 MADE IN USAこの時代からOVEN PROOF(耐熱)の文字が入ります。...

BIG BOY 70's Boby ビッグボーイ 貯金箱

コンバンワ。私はアメリカのレストランチェーン「ビッグボーイ」のボビーです。1973年生まれ(製造)の38歳よ。リーゼントのうしろにはコインが入る穴、そう私は貯金箱ね。日本での活動は77年に国内1号店ができて以来、おいしいハンバーグ届けるのが仕事。うちの「大俵ハンバーグ」は100%ビーフで225gもあってね、税込598円よ。すごいうまいから、マジで、食べてみ。...

EAMES Two Piece Plastic Chair

素敵なイスの紹介です。イームズのデザインしたDCM(ダイニングチェアメタル)のプラスチック版。1971年~1981年のわずか10年間だけ生産されたイスです。plywoodのDCMのデザインはそのままに、パッドにクッション性を高め、カラーバリエーションも豊富に揃え、存分にモダンになっています。70年代になるとプラスチックの成形技術も進化して、座と背もたれがショックマウントと一体化。センチュリープラスチック社の技術をハーマン...

DANSK keben style casserole

ダンスク社のキャセロールです。1956年にJens H Quistgaard(イェンス・クイストゴー)がデザインした北欧を代表するプロダクトです。半世紀以上の永きにわたり愛され続け、今でも販売しています。×になったフタの取っ手が、とってもいいです。古いのはこの部分が写真のように細いんですね。裏返して底部のメーカーロゴをパシャ!ダンスクとはデンマーク風の意、生産国フランスになってます。現在販売してるのはタイ製です。このよ...

LEVI'S 501 bigE

ビンテージといったら外せないのが、LEVI'Sなどのビンテージデニムでしょう。これは半世紀程前のリーバイス501です。あまり細かい話すると、皆さん引いてしまうと思いますので、分かりやすい基本ディテールを紹介します。デニムは状態(色残り、ダメージ)にもよりますが、基本古いもの程価値があります。ディテールを追いながら、製造年を特定したいと思います。まず見るのはセルビッチ。アウトシームに使われてる耳のこと。赤...

SINGER chair

これはたぶん1930~40年代のシンガー社のイスです。シンガーといえば皆さんご存知かと思いますが、鉄製の古いミシン。おばあちゃんの家とかにありませんでした?魅力はなんと言っても鋼鉄製の台座や脚になります。なので見た目以上にずっしりと重量があるんです。使い古された座面のウッドとの質感のコントラストがグッときますね。高さ調整も可能で、三つ又の脚にはそれぞれ穴が空いていて、きっと工場の床とかに直接ボルトオンで...

FIRE KING jade-ite R/W heavy mug

はーい!今日はFIRE KING(ファイヤーキング)です。そのなかでも人気のジェダイカラー、ぽってりかわいいヘビーマグの紹介です。今日はディテールより、まずはFIRE KINGについて知っときましょう。ファイヤーキング (Fire King) は、アメリカのオハイオ州ランカスターに本社のあるガラス製造メーカー、アンカーホッキング社 (Anchor Hocking) が製造していた耐熱ガラスを使用した商品のブランドの1つである。ファイヤーキングのロ...

Elephant Stool

さてさて、こちらは柳宗理の代表作のひとつ、エレファントスツール(象脚)です。1956年にコトブキ社が発売した当時のモノになります。最近では当時のオリジナルは稀少になりました。10年くらい前にもHabitat社からFRP製のものが販売されていたのを覚えています。今でもVitra社からポリプロピレンのものが販売されていますね。価格もお手頃なので、デザインを楽しむのにはいいかもしれません。ディテールを見てみましょう。裏面に...

Erik Hoglund エリック・ホグラン

こんにちは。今回はかわいいガラスのデキャンタを紹介します。なんともとぼけた顔と、手を前に組んだ姿がかわいらしいです。これはスウェーデンのBODA社がアメリカの高級デパートNeiman Marcusのために作らせたモノ。作者はエリック・ホグラン、スウェーデンを代表する彫刻家です。これに似た形のものはビネガーボトルとしてあるのですが、こちらはやや大きめ。ホグランは人間や動物をモチーフとしたプリミティブな作風が特徴です...

EAMES arm shell

こんにちは、ヒロです。本日より歴史に残るヴィンテージの数々を少しづつ紹介しちゃいます。まずは、皆さんご存知のイームズの椅子、アームシェルの1stモデルの紹介です!今では多くのリプロダクトが氾濫していますが、やはりオリジナルにしか出せない風格があります。なんせコレは私が初めて手にしたイームズの椅子。LAで有名なリンダの店で購入した思い出の一品です。コレは1950年代前半の数年間だけゼニスプラスチックス社が生...

帰還

いやー、長い旅からやっと帰ってまいりました!って何処行ってたんだよ?もちろんMGDを探しにです。えっMGDが何かって?そりゃ「マイグッドデザイン」ですがな。...

Appendix

myカウンター

スポンサードリンク

プロフィール

中野のヒロさん

Author:中野のヒロさん
カフェオーナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、インテリアコーディネーター、家具ブローカー、ライフスタイルアドバイザー等、何でもござれのアイデアマン。あらゆるご相談にご要望に適当にお応えします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。