Entries

スポンサーサイト

90's JAL flatware カトラリー

1990年代頃のジャパンエアライン、JALの機内用カトラリーです。現在ではこういったステンレス製のカトラリーを機内で見ることは少なくなりました。ほとんどがテロ対策でしょうか、樹脂製のチープなモノになりましたね。個人的に残念です。JALの旧ロゴが刻印されています。1989~2002ロゴデザインもシンプルながら確固たる存在感があります。こちらにも参加しています→ ヴィンテージ雑貨ランキングこの記事を読んでいただいた印で、...

パンナムのポーチ 1970's Pan Am Airlines Travel Amenity Bag

70'sのビンテージPANAMアメニティポーチです。毎日使ってます。何に使ってるかって?近所のスーパーに買い出しに行く際、財布代わりに使ってます。ポイントカード、領収書、小銭等、一切合切放り込んでいます。ハードな使用に10年間耐えて、この外観。このまま使いつぶすつもり。そんなビンテージもありです。表面には当時のパンナムの就航都市でしょうか、世界各国の都市名がプリントされて、旅ごころをそそられます。あっ、ちゃ...

ブラニフ Braniff International 70's playing cards トランプ

ブラニフ航空といえば、アレキサンダー・ジラルドやエミリオ・プッチ、アレキサンダー・カルダーといった著名なデザイナーを迎えたデザイン戦略で、世界中から注目を集めたミッドセンチュリーを語る上でとても重要な、伝説の航空会社です。その機内で配られたプレイングカード。そうトランプですね。この頃はどこの航空会社でも、このてのトランプは配られていました。長い時間を機内で過ごすのに必要だったんですね。今でもトラン...

「PAN AM/パンナム」展に行ってみた。きゃりーぱみゅぱみゅも?

今月よりBS放送にて、60年代「空の帝国」と呼ばれたパンナム航空がドラマ「PAN AM」となって放送される。それに伴い、銀座ソニービルで開催されているパンナム展に行ってみた。銀座ソニービルエントランス付近、数寄屋橋交差点から。入ってすぐにあるボーイング747の大型模型、スケルトンで客席などの様子が見れる。米国が華やかだった1960年代、パンナムは世界最大の航空会社でした。1968年公開の映画『2001年宇宙の旅』の冒頭で...

海外からの小包 その中身は…。

昨日のつづき。海外から忘れ去られた小包、その中身は…。プラスチックのプレート&ボウルが出てきました。こんなの買ってたんだぁ。これはPANAMパンナム航空が60年代に機内食で使っていたものです。他にも大皿、角型トレー、カップなどありますが、なかなかセットでは出てこないです。裏面にはパンナムのマークと製造年など刻印されています。ここにあるのは1968年~70年のもの。プレートは直径15.5cmで、ちょっとした取り皿に良さ...

Appendix

myカウンター

スポンサードリンク

プロフィール

中野のヒロさん

Author:中野のヒロさん
カフェオーナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、インテリアコーディネーター、家具ブローカー、ライフスタイルアドバイザー等、何でもござれのアイデアマン。あらゆるご相談にご要望に適当にお応えします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。