Entries

スポンサーサイト

カリモクのKチェアを修復 続編

さてさて、前回に引き続きKチェアの修復です。修復といっても大したことではありません。座面を交換するだけです。手順としては、まずサイドの脚部分のボルト4本をクルクル。背面と座面を止めてあるナットをゆるめて、ガッ、何、付属のスパナがサイズ違うじゃん。カリモクさん、気が利いてるんだか、ないんだか。気を取り直して、モンキーレンチでナットを外して、座面は取れました。新しい座面に交換したら、先程の逆の行程で…。...

カリモクのKチェアを修復

長年使っていて、座面がボロボロになったカリモク家具の「Kチェア」。これまで毎日、毎日、何千、何万のヒップを乗せてまいりました。ほんとお疲れさまです。先々月からメーカーに頼んでいた座面が届いたので、これから修復します。ツルツル、ピカピカの座面、テンション上がるわ。カリモク60だなんて、オシャレになったもんだ。歳とったうちの子に合うのだろうか?次回につづくトップ10入り返り咲きなるかっ!?わたしのランキン...

Knoll ポロックチェア

1965年にKNOLL社より発表された、ポロックチェア。ジョージ・ネルソンの事務所にも勤務した、チャールズ・ポロックの代表作です。この椅子の特筆すべき点は、何と言っても座り心地に尽きます。ラグジュアリーすぎず、堅すぎず、ちょーどイイ感じで、長時間のデスクワークにも耐えられる。アーロンチェアなどのハイテクチェアとは全く違う、ローテクの心地よさがあります。このクラスで購入の際、比較検討にあがるのはハーマンミラ...

side chair by 柳宗理 ポリエステルチェアー

柳宗理が1969年にデザインした椅子、「ポリエステルチェアー」の紹介です。柳宗理の椅子といえば、バタフライスツールが有名ですが、こちらの椅子も負けず劣らずの名作です。樹脂製シェルと金属製ベースとをショックマウントを介して固定する方法、エッフェル状の脚など、イームズの影響を感じずにはいられません。実際、イームズ夫妻とも親交があったと聞きますから、そのデザインもうなずけます。裏です。コトブキ社のステッカー...

SINGER chair

これはたぶん1930~40年代のシンガー社のイスです。シンガーといえば皆さんご存知かと思いますが、鉄製の古いミシン。おばあちゃんの家とかにありませんでした?魅力はなんと言っても鋼鉄製の台座や脚になります。なので見た目以上にずっしりと重量があるんです。使い古された座面のウッドとの質感のコントラストがグッときますね。高さ調整も可能で、三つ又の脚にはそれぞれ穴が空いていて、きっと工場の床とかに直接ボルトオンで...

Appendix

myカウンター

スポンサードリンク

プロフィール

中野のヒロさん

Author:中野のヒロさん
カフェオーナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、インテリアコーディネーター、家具ブローカー、ライフスタイルアドバイザー等、何でもござれのアイデアマン。あらゆるご相談にご要望に適当にお応えします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。