Entries

スポンサーサイト

90's Hermanmiller T-shirt ハーマンミラーのTシャツ

90年代のハーマンミラーのTシャツ。当時L.Aのハーマンミラーオフィスに勤めていたJenniferとビンテージ家具屋だったBradという最強カップルからもらったもの。今では二人とも別の仕事をしてるけど、憧れの存在なのだ。 Bradはミュージシャンでもある。あえて古めのを載せておきました〜!こちらにも参加しています→ ヴィンテージ雑貨ランキングこの記事を読んでいただいた印で、ポチッとしていってください。...

LEVIS 70505 リーバイスコーデュロイジャケット

先週に引続きリーバイスの70505、こちらはコーデュロイを使ったタイプ。古着ではよく出回っている1970~80年代のもの。紙製パッチではなく、三角の布タグが付いているのが特徴。この年代だと当然スモールeの白いタブ。デニムの70505と同様、60年代のモノも存在する。それがコレ。小さめの紙パッチ。ロットの刻印は消えてしまっています。1966年〜69年製と思われるビッグEの白タブ。おまけにコチラも70~80年代のものだがちょっとした...

LEVIS 70505 リーバイスサードtypeジャケット

リーバイスサードtypeジャケット「70505」。サードtypeとしたのは厳密にいうと「557XX」がサード、「70505」はフォースである。発売はサードが終わる1966年から、80年代中頃までの生産だろう。前回の「559xx」と何が違うのかと思う人もいるだろうが、私からするとディテールが全然違うので、目を凝らして見て頂きたい。まず一番わかりやすいのがパッチ。それまでのものから縦半分くらいに小型化している。一応前回の559の写真も比...

LEVIS 559XX リーバイスサードジャケット

リーバイスサードジャケット「559XX」。ジャケットとしてはXXデニムを使用した最終モデル「557XX」にブランケットライニングを付けたモデルがコレ。ジージャンといったらこのカタチを思い浮かべる人が多いと思う。私が初めて着たのも70506というLOTのサードモデルでした。1962年〜1966年のLOTなので当然タブはbigE。パッチは硬化してボロボロに、紙一重でLOTが確認できます。XXとEvery Garment Guaranteedの文字がないので66年より...

70's SEARS シアーズ デニムシャツ

70年代と思しきSEARSシアーズのデニムシャツ。シアーズは100年以上も歴史のある、イリノイ州に本部がある百貨店。いわゆる日本でいうところのジャスコやイトーヨーカドーみたいなもの。JCペニー、モンゴメリーワードなどと並ぶストア系ブランドってやつ。このシャツはワークシャツとウエスタンがMIXした感じで非常にレアな一枚。胸ポケの配置がたまらなく良いです。ここ十年は古着屋ってものには行かないのだけど、こういうのと出...

Appendix

myカウンター

スポンサードリンク

プロフィール

中野のヒロさん

Author:中野のヒロさん
カフェオーナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、インテリアコーディネーター、家具ブローカー、ライフスタイルアドバイザー等、何でもござれのアイデアマン。あらゆるご相談にご要望に適当にお応えします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。